志望大学というのは、高校生としては悩みのタネのひとつなんじゃないでしょうか。僕は十何年もの講師経験と多数の大手企業とのコミュニケーションや自分の受験と就活の経験からいうに誰よりも的確なアドバイスを目指していきます。
大学受験とはまず、中学受験や高校受験とは決定的に難易度が違います。なので、妥協と絞り込みが必要になってきます。これは仕方が無いことだと僕の教師経験の中にあります。
まず、Marchを第一志望で考えようと思っているかたの基準は中学時代の駿台模試のSS45~55の生徒です。Marchは就職において、日大などのその他私大と決定的な差を見せます。Marchは就職する上で必要最低限の学歴であると同時に充分であるともいえます。March志望であれば現役では早慶上理に手を出さないことは合格の秘訣です。Marchを狙い撃ちで行きましょう。March最難関であるのは明治です。March志望ならば明治念頭において学習に励んで下さい。
次に早慶上理を第一志望で考えようと思っている生徒の基準は中学時代の駿台模試のSS55~65です。ただし、早慶はあくまでも国立の滑り止めという見られ方しかしません。就活を実際にすれば実感すると思いますが、早慶だとインパクトが弱く実際Marchとの格差があまりない印象です。僕の卒業生で早慶の生徒を減らしているのは上記の理由です。実際に大手企業の面接官や取締役の方々は、早慶という学歴に好印象を持っていません。皆さんは極力国立大学を目指すべきなのではないでしょうか?
次に地方国立大学(国立二期)を第一志望とする生徒です。基準はかなり優秀な生徒であることです。国立二期は早慶よりかは格段に難易度が高くなります。しかし就活でも国立大学を卒業していることは武器になります。僕の卒業生でも早慶だとやりたい職につけなかったり何よりも労働に対する賃金が早慶の卒業生に対して随分高いです。そんな卒業生を何人も見てきました。
次に旧帝国大学を第一志望とする生徒に関してです。旧帝国大学は異次元の難しさがあります。僕自身の受験経験でも実感しましたがここのレベルだと本当に合格をつかみ取るのは並大抵の努力では厳しいです。特に東京大学は別格でどんな企業でも欲しがる必要とする大学であるといえます。しかし東大卒業は就職だけでなく人生に大きな変化をもたらします。有名であると同時に最難関であることここに意義を持って東大にこだわって欲しいです。御三家と言われる一橋や東工大に逃げるのならば東大にチャレンジして下さい。二年かかっても東大に拘る価値があると思っています!僕の受験のときのクラスメートで東大志望だったのですが東工大にした彼は今でも東大を受ければ良かったと話しています。大きく難易度が変わるわけでは無いですが、どうしても早慶がイヤだから東工大にした彼ですが、東大を受けずして受験を終わらせたのは悔しかったようです。