http://jp.mobile.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN1AW1ZE

[シカゴ 16日 ロイター] - 民事再生法の適用を申請したタカタの米国事業の破産法適用を管轄している米国の裁判官は16日、欠陥エアバッグで負傷した米国の被害者が起こした自動車メーカーに対する訴訟の90日間の停止を言い渡した。

タカタは事業売却などの手続きに時間が必要として、同訴訟の6カ月間の停止を求めていた。

2017年 8月 17日 12:50 AM JST

コメント一覧
つまりジャイアンツはCSに進めないって事か…
>>1
訴訟の停止って何?!
>>3
この訴訟は民事再生の可否を決定するものだけど、手持ちの事業を売って金になるかとかで、様子を見ないといけない時は、様子を見るんだな。