【二人目のプロ野球選手 誕生!!】

ブルキナファソ初のプロ野球選手

サンホ・ラシィナに続いて

 

この度、ブルキナファソで二人目のプロ野球選手が誕生しました!!

 

ザブレ・ジニオ 20歳 外野手

f:id:hiroki-0410:20141214121717j:plain

 

ブルキナファソでは、ラシィナと同じグンゲンチームに所属し

私も2年4か月間指導していました。

 

所属するのは、北信越や関東のチームで構成されている

ルートインBCリーグに所属している

新潟アルビレックス・ベースボールクラブ

(ラシィナ選手が所属している高知ファイティングドッグスの四国アイランドリーグplusとは別リーグになります)

 

すでに来日し、新潟で入団会見を行ったようです。

f:id:hiroki-0410:20160315115935j:plain

f:id:hiroki-0410:20160315115943j:plain

 

 

【A.ロッドのように・・・】

彼の魅力は、なんと言っても恵まれた体格!!

身長は193センチあります!!

 

2014年に一度来日いた際に、日本ハムファイターズの始球式を務めた時の

貴重な映像がこちらにあります。

tv.pacificleague.jp

 

VTRの隣にいる大谷選手にも負けていないその体格!!!

 

彼にはずっと4番を任せ

2014年12月に行ったブルキナファソ野球代表チームのガーナ遠征でも

4番を務めていました。

 

その際に、私が彼に与えた背番が13番!!

 

13番という背番号は、日本ではあまり野手のイメージがありませんが

 

アメリカ・メジャーリーグでは、なんといっても

NYヤンキースのA.ロッド!!!!

 

ジニオにもそんな偉大なスラッガーになってもらいたい!と思い

与えた背番号が13番でした。

 

日本でも今では、侍ジャパンで中田 翔選手が13番をつけています。

 

 

そんな私の思いが知ってか知らずか・・・(たぶん知らないけど)

新潟アルビレックスでも背番号は13番!!!!

 

もしかすると、チームも偉大なスラッガーになることの

期待の表れかもしれません。

 

 

夢をかなえたジニオですが

本当のスタートはこれからです。

 

言葉も通じない環境の中での生活、

厳しいレギュラー争い

 

厳しい戦いがいろいろ待っています。

 

ガンバレ!ジニオ!!

 

【200分の1】

現在のブルキナファソの野球競技人口は

多く見積もっても400人。

 

その中で2人がプロ野球選手になってしまったということは

今のところ200分の1の確立。

 

なんだか、ものすごい身体能力が秘められている国のように思われそうですが

 

そんなことはありません。

 

 

ラシィナもジニオも、彼らの努力でつかみとったプロ野球選手。

決して生まれ持った才能でなれたわけではありません。

 

今度は努力で、NPBへの道を切り開いてもらいたいです。