抵抗ノイズと合成  聖書.jpg

 

2つの抵抗を合成したときのノイズを考える


  図1のように2つの抵抗R,R2を並列にした場合、そのノイズ電流密度は、R1、R2の並列値から導いたものに一致する。a865.jpg    図1 等価ノイズ電流密度表示の場合


  また、ノイズ電圧密度で考えた場合、

  a869.jpg

という、テブナン定理で考えると、図2になる。


 a868.jpg

    図2 等価ノイズ電圧密度表示の場合


  つまり、合成された抵抗のノイズ電圧、電流密度は、合成抵抗値からの値と一致するのである。

  聖書 4.jpg