⇒『プロが教えるサッカーゴールキーパー練習方法』はこちら 



ボールとニアポスト・ファーポストを結んだ中心に立つのが基本

ゴールキーパーにとって重要なポジショニングですが、反射神経のいいゴールキーパーでもスタートの位置すなわちポジショニングがミスしていれば、シュートを防ぐことができない場合は多い。
逆に考えれば、ポジションが良ければ簡単にボールをキャッチできることだって多々ある。

正面のキャッチが完全にとれるようになれば、良いポジションから足を運んで正面キャッチできることが一番いいと私は思う。
では、実際にどようのうなポジションをとればいいのか説明しよう。

これは基本的な考え方の一つであって、キッカーのボールの置き方・ディフェンスの有無によって少々変更しなくてはいけないが、この基本的な位置を考えながらポジションをとるとよい。

ポジション取りについてこういう表現をする方もいるが、これだとどうなるか?
『ボールとゴールの中心を結んだライン上に立つ』これも同じような表現の仕方だが、中心ってどこなの?という話になる。
仮にゴールライン上の中心とすると、下記の図に示したようになってしまうために若干位置がかわってしまうことがある。 左右のバランスがよくどちらも均等な距離感を保てる位置にポジションとるように心がけよう。 

【もしも、ゴールの中心から結ぶのであればゴールライン上よりも約1メートル後ろからラインをとると、ちょうど左右バランスが均等な位置がとれる】

ニアポストとボール、ファーポストとボールをそれぞれ結んだ位置の中心に立つという表現で構わないが、実戦中はラインなんてないのだからPKスポットや、ゴールエリアのラインを見ながら立っている位置を把握しなくてはいけないので、 どちらの表現でも構わないが両方均一に動けるポジションをとるようにしよう。 
【首を振って見ろ!とも言うが、直視できる時間がない場合は多いのでできるだけ感覚で覚えてボールを見ながら、周辺視野で確認ができるように訓練しよう!】

※図に書いてあるボール・ゴール・キーパーのサイズが実際のものと縮小割合が違うために、セオリー説明通りのポジション取りになってないので、ご了承ください。黄色のラインがゴールラインの中心とボールを結んだラインとなってる。

どんな表現であっても基本的な考えはシュートコースを限定できないのであれば、どちらにでも動ける均一な位置にポジションをとるとよいと私は思う。


前後のポジション

指導者の中では、前に出ろ!という方もいるが、それがどこまでが正しいのか?
当然、前にでれば左右へのシュートコースは狭くなるのでストップできる可能性はあがるようにも思えるが、実際には先ほどから言っている前後の関係で頭上のシュートコースを空けてしまうことにもなる。
前に出れば出るだけ、頭上を超えてのシュートをケアしなければいけない。

同じ速度で打たれたシュートでも前へ行き近づけば近づくほど、早く反応できないと遅れてしまって取れないことも十分にあり得るので、私は個人の反応の速さ・背後へのシュートに対しての対応力によって前後の間隔は決めなければいけないと思っている。 
もちろん背の高いGKが前に行くことでシューターに威圧感を与えることができ、シュートコースがない?と思わせることができるかもしれないが、背の低いGKが同じポジションにいると頭上へのコースがあるように見えるのではないか?

ミドルレンジ・ペナルティエリア内なのかによっても当然違ってくるので、同じ位置からシュートを蹴ってもらい自分にとってどこが一番いいのか見つけ出そう。

自分のポジションがいいのか確認するために、キッカーの位置に行ってみて自分のポジションでキッカーにどんな影響を与えているのか考えることも大事。
GKのポジションだけに立っていてはわからないことも多々あるので、GKがシュートをしてみてキッカーのボールの置く位置などによってどんなコースを狙いやすいか? なども考えてみると、身体の向きなどによって予測することも可能になるのではないかと私は思うので、GKにもシュート打たせてみるとよい。




⇒『プロが教えるサッカーゴールキーパー練習方法』はこちら