2faebfe7.jpg
サイボーグ009のステンドグラスだ!

漫画で活性化をはかってるみたいだなー。

腹減った。

日中ダム

2018/12/20

8/17、福島県喜多方市、日中ダムに行ってきました。
2回目。(→前回)


f:id:kazu_ma634:20141025202440j:image:w400
ロックフィルダム*1。
早朝なので霧が出ています。


f:id:kazu_ma634:20141025202442j:image:w400
堤体を撮ってみましたが、霧だらけでわからない。


f:id:kazu_ma634:20141025202443j:image:w400
日中ダムのふもと。
見える建物は日中温泉


f:id:kazu_ma634:20141025202444j:image:w400
ダム湖、日中ひざわ湖に沿って奥の方に進むと日中大橋


f:id:kazu_ma634:20141025202445j:image:w400
日中大橋から見た日中ダム


f:id:kazu_ma634:20141025202446j:image:w400
ダム湖、日中ひざわ湖


f:id:kazu_ma634:20141025202447j:image:h400
国道121号の展望台から見た日中ひざわ湖
ここから日中ダムは見えないが、先程の日中大橋が見える。

*1:rock fill dam、主に岩石で造られたダム

カビデラ

2018/12/20

うわ、テラ欲しすwwww

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
posted with amazlet at 08.11.09
任天堂 (2008-11-06)
売り上げランキング: 1

二郎インスパイア系のラーメンみたいなんだけど、いまひとつよくわからん感じで気になりつつもなんとなく今まで近寄らなかった「ラーメン アキラ」に行ってきました。

 

ウィルス性胃腸炎をやっちまって以来、すでに治っているはずなのに胃の調子がイマイチな日々が続いていたのでJ系復帰戦の意味も込めて未食の店に行ってみるというのもいいんじゃないかと思ったわけで。

f:id:kun-maa:20160328134103j:plain

 

店内はカウンターのみ 8席とこじんまりとした感じ。お店に入ってすぐ右手に券売機があるので食券を買います。

この券売機がなんともカオスで3回ガン見しちゃいました。それでもよく分からないメニューがいたるところに...えー、ここ普通のラーメン屋ですよね?違うの?

「カラトマハーゲンダッラーメン」とか「気まぐれアキラ式パスタ」ってなんぞ。

f:id:kun-maa:20160328134251j:plain

 

券売機に圧倒されてしまい、「NEW !!」の文字につられて押したボタンが「汁なしチャーシュー炒飯」。しかもなぜか大盛。バカなの?

スポンサーリンク

 

カウンター席に座って食券を出します。カウンターの中ではとっても寡黙な店長さんが黙々とラーメンを作っています。

そして貼り紙に書いてあるように無料トッピングのコールは聞かれるまでじっと我慢です。忘れられてるんじゃ...って思った頃に聞いてくるので妙な緊張感がありました。

f:id:kun-maa:20160328135416j:plain

 

そもそも「汁なしチャーシュー炒飯」がどんなものなのかイマイチよく分からないまま何のためらいもなく「全マシで( ー`дー´)キリッ」って言っている自分にちょっと惚れました。

 

無料トッピングの確認は出来上がる直前に聞かれるようで、確認後すぐに完成品が登場。これが「汁なしチャーシュー炒飯」大盛+無料トッピング全マシだ!

山はあまりそびえ立っていません。これなら余裕でしょ。

f:id:kun-maa:20160328135941j:plain

 

真上から見てみましょう。大量のモヤシとキャベツにアブラがべっとりと加えられているほか、こんもりとしたニンニクも確認できます。

そして明らかに違和感を醸し出している炒飯。

二郎インスパイア系汁なし麺のトッピングにチャーシュー炒飯ってwww

f:id:kun-maa:20160328135947j:plain

 

こちら側は見慣れたモヤシが広がる風景。アブラギトギト。

f:id:kun-maa:20160328140018j:plain

 

その反対側に広がる炒飯な風景。明らかにおかしい。

大盛で注文するやつの顔が見てみたいって...僕だ!

f:id:kun-maa:20160328140028j:plain

 

とりあえず炒飯は見なかったことにしてモヤシ軍団を片付けていきます。モヤシやキャベツは食べ慣れたJ系のお味で安心していただけます。美味しい。

f:id:kun-maa:20160328140111j:plain

 

底からゴワゴワの太麺を引っ張り出してきて喰らいつきます。醤油ダレがいい感じで絡みついて、これも二郎系の定番な感じで美味しいです。

f:id:kun-maa:20160328140220j:plain

 

試しにチャーシュー炒飯を食べてみましょう。

これ炒飯だけで十分美味しいぞ。これをトッピングに使うなんて贅沢。

f:id:kun-maa:20160328140322j:plain

 

炒飯はそのままキープしておいて、またモヤシ軍団をワシワシと喰らい尽くしていきます。モヤシもキャベツもこれだけ食べれば1日に必要な量の野菜が取れているはず。

考えが甘いか。

f:id:kun-maa:20160328140348j:plain

 

このゴワゴワしてモチモチした太麺がたまりません。醤油ダレの味付けもしょっぱすぎず甘すぎずとちょうどいい感じ。大盛だからけっこう食べ甲斐があります。

f:id:kun-maa:20160328140425j:plain

 

モヤシ軍団をあらかた片付けて、麺を引きずり出したところ。

完全に食べかけ状態で申し訳ないけど、ヤサイで隠れているうちはわからなかった炭水化物祭りの「汁なしチャーシュー炒飯」の全貌が今ここに明かされる。

よく考えたよね。感心しちゃいます。

f:id:kun-maa:20160328140449j:plain

 

汁なし麺といっても醤油ダレがヤサイから出た水分で薄まってちょうどいい感じの汁が少しあります。ヤサイと麺をあらかた喰らい尽くすと、その汁が自然に炒飯に混ざってこれがまた美味いのよ。

炒飯を食べるタイミングに悩んだけど、やっぱり途中で一口だけ、そして残りは最後まで取っておいて汁気を含ませるのが美味しい食べ方かもしれません。

f:id:kun-maa:20160328140934j:plain

 

最終的にはこんなおじや風チャーシュー炒飯状態なんだけどさ。見た目はイマイチだけど味はいいんだよ。すごく美味しかった。

最初に「汁なしチャーシュー炒飯」を見た時は正直なところ「バカじゃないの?」って思ったんだけどこの組み合わせはアリだと思います。

バカにしてゴメンなさい。

f:id:kun-maa:20160328141303j:plain

 

もちろん完食です。炭水化物万歳!

f:id:kun-maa:20160328141519j:plain

 

キワモノかと思ったらとっても美味しくて大満足の一杯!ごちそうさまでした!

へんてこりんなメニューに挑戦すべく、また体調を整えてきます。

ラーメンアキラ
埼玉県川越市仲町2-2
ラーメンアキラのレビューを見る

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly

https://www.reddit.com/3r00id/

f:id:Eduzaurus:20160314223603j:plain

For over a century, administrators have endeavored to get the substance of Mary Shelleys tremendous creation. As Oliver Pfeiffer finds, the results have been mixed.

"Look! Its moving. Its alive. Its alive… ITS ALIVE! Generous, for the purpose of God! In the blink of an eye I appreciate what it feels like to be God!"

It has been 85 years since Colin Clives everlasting ravings in James Whales definitive film adjustment of Frankenstein (1931), yet Mary Shelleys horrifyingly amassed nineteenth Century creation has been relentlessly sewed back with aggravating typicality.

This year focuses the 200th remembrance since Mary Shelley at first considered the story. Tellingly, film makers have been pulled into her story taking after the time when silver screen was devised. In any case, what has fuelled this hobby?

"It permitted me to tinker with the abnormal," Whale told the New York Times in 1931. "I thought it is diverting to endeavor and make what everybody knows is a physical incomprehensible probability seem, by all accounts, to be adequate."

Its more than just perhaps horrible hobby that has pulled in boss to this story for over a century. Its the quintessential story of obsession, man barging in with nature and of data with the finished objective of good or deviousness. With scraps of epic movement, stunning loathsomeness, predetermined opinion and spine-shuddering pressure its similarly adequately adaptable to be orchestrated as a globetrotting appear or contained chamber piece, or to be adjusted as a wacky dramatization or eccentric exuberance.

As sensationalized in Ken Russells 1986 film Gothic, Frankensteins monster sprung up in the midst of the late spring of 1816 at Lake Geneva in Switzerland, where a part of the impressive insightful identities of the nineteenth Century – Lord Byron, Mary Goodwin (approaching Mary Shelley), her future life partner Percy Shelley and vampire producer John William Polidori – amassed to tell German ghost stories. Pushed on by these chilling stories, respected host Lord Byron tried his pretty much as respected guests to think about the best odiousness story. After a spell of soul-pounding a failure to compose, Goodwin began drawing on late talks concerning galvanism (which incorporates the impelling and pressure of muscles through force) as the possible strategy for resuscitating a body. Her anguished state managed into the falsification of an eager specialist who attempts to cheat making in order to pass life. Thusly the injury virtuoso of Mary Shelleys creation was considered.

In the two centuries since that basic summer, Frankensteins brute is in no time so ingrained in the social mindfulness its difficult to recognize how shocking a prospect this walking irregularity probably been to before times.

In all actuality, the book was met with hatred upon its conveyance in 1818 – its subject of restoring the dead actuating repulsiveness. Eventually this unholy animal immersed the fabric of society, fuelling the conspicuous sorrow of science, its ethical issues and potentially shameful results – fears as pertinent today as they were around 200 years back.

Frankenstein on film

Despite these anxieties of science turned out severely, the primary celluloid outing focused on the mental. In J Searle Dawleys Frankenstein (1910) the mammoth ascents up out of a percolating cauldron an odd, wild-haired creation that gets the chance to be repulsed by his appearance in an exceptional bit of self-revelation. After that early try, film makers have endeavored to get the pith of Shelleys creation – with wildly contrasting degrees of achievement.

f:id:Eduzaurus:20160314223542j:plain


Taking after Colin Clives quotable 1931 type of the story, its twist off Bride of Frankenstein (1935) revered Elsa Lanchester as the animals bouffant-haired female companion, who vitally shrieks in fear at seeing her normal. However Universal Pictures completed up the course of action two twist offs and three mammoth creation later with a funny send-off, Abbott and Costello Meet Frankenstein (1948).

10 years of slowness incited a pleasantly hostile plan of Hammer abhorrences – named after its creation association. Sledge was prestigious for making the worlds first shading violence motion pictures, which distinguishably moved focus toward English performing craftsman Peter Cushings presently deranged aristocrat.

先日、児童館にて上の子に絵本(いつものノンタンシリーズ)を読んであげていたら、横にいた別のお母さんに、「読むの上手いですね。私も聞いてたくなります」と言われてしまいました。う〜ん、上手いかどうかはわかりませんが、私の場合は、できれば登場人物別にちゃんと声を分けて、抑揚もたっぷりつけて読んであげたいタイプ。だから、「おもしろい」と思われたのかもしれません。でも、先日、ある育児冊子のQ&Aで、「子供と一緒に本の楽しさをわかちあいたいと思って読めば、声色が使えないからダメ、というものではない」というのを読んだので、そうでなくても別にいいみたいです。どうぞご安心を。

いっしょにコーボくん!ムギッポのまんぷくクレープ (のびのび・えほん)

何の気になしに持ってきた本ではありますが、料理の仕方も巻末についてる絵本でした。だからといって、こんな凝った(でもないけど、時間かかりそう〜)料理はできませぬ。決して、絵は私の好みではないのですが(ゴリラとかもかわいくないよ〜、でも、メジャーな絵本作家さんみたい)、子供にはうけていて、何度も読ませられています。やっぱり、自分の趣味を押し付けてはダメですね。レストランムギとその周辺地図もあって、どうやらシリーズになってそうです。

【みんなでキャンプ (えほんはともだち)】

こっちはどっちかっていうと私好みの絵。お父さんは魚釣りが下手なのに、お母さんがたっぷり釣ってくるのは驚きです。そういうわけで、お父さんと遊ぶ描写が主で、お母さんがわき役なのが納得いきませんが、これもしょうがないでしょう。クマの父子で森を歩くのが、ピタゴラスイッチの「もりのおく」の歌に少し似てるので、歌ってあげたら、そのせいか、子供たちで何度も勝手に開いてはこの本を眺めたりしております。双子の妹もかわいい! 画面いっぱいに描かれた背景にも、癒されるものがあります。これは、是非とも、同じシリーズのものを。

こんにちは。AUSKAです。

女性は結婚して「妻」になり、出産や子育てを通して「母」になりますが、その過程で「ひとりの女性」としてのアイデンティティを失ってしまうと小耳に挟みました。

しかし、それって本当なのでしょうか。

少しでも疑問を持ってば、調査したくなるのがASUKAの性。男性の僕がこんなことをするとは意味不明ですが、ぺーくんを連れてフィールドワークを敢行。

新宿駅周辺で、推定30歳以上の30名の女性に、
①現状の自己アイデンティティは、「母」「妻」「ひとりの女性」のどれに近いか?
②理想の自己アイデンティティは、「母」「妻」「ひとりの女性」のどれに近いか?
の2問に答えていただきました。

最終的に、得られた結果は以下のとおり。

f:id:yanagisawakobayashi:20151224222552j:plain

 

※「母」「妻」「ひとりの女性」は、あくまでも「アイデンティティ」であって、必ずしも「ひとりの女性」を選択した方が未婚ということではありません
※30名中、既婚は25名、未婚は5名

 

今回はこの結果について、ASUKA、ペーくんに加え、ゲスト・グッさん(立教大学社会学部4年生の女性)で考察をおこなってみました。

 

「理想のアイデンティティ=ひとりの女性」が多いのはなぜか?

ペー:30名中、22名の方が「ひとりの女性」が理想であると答えていました。現状のアイデンティティを「母」「妻」としながらも、理想としては「ひとりの女性」を挙げていた人が目立ちましたね。

ASUKA:「子育てが忙しいから、ひとりの女性に戻りたい」「夫婦間でルールがあるから、もっと自由に生きたい」といったコメントも聞かれたね。

ぺー:女性の場合、男性以上に、夫や子供に尽くさないといけないケースが多いんでしょうね。

グッさん:「母」や「妻」になることで、「ひとりの女性」としてのアイデンティティが失われる、あるいは弱くなるということについて、私は女性の呼称の影響を考えています。たとえば女性は、育児を始めると、周囲からは「〇〇ちゃんのママ」、旦那からは「お母さん」と呼ばれるようになってしまいます。

ASUKA:僕の父も、母のことを「かーちゃーん」って呼んでるわ。

グッさん:本来の名前で呼ばれなくなってしまうと、自分が何者なのかわからなくなっちゃいますよね。

ぺー:結婚をしていたり、子供がいたりしながらも、現状のアイデンティティとして「ひとりの女性」を選択していた方は9名いました。

ASUKA:結婚年数とか、子育ての段階とかにもよるんだろうけど、そのようなタイプの方は、「妻」「母」という役割を維持しつつも、自分の人生を楽しんでるのかもしれないね。

 

妻や母を志向する未婚女性について

ペー:多くの方が理想の自己アイデンティティとして「ひとりの女性」を挙げている一方、5名が「ひとりの女性」を現状としながらも「母」「妻」が理想であると回答しています。ちなみに、この5名は全員が未婚です。

ASUKA:聞き取りに協力してくれた未婚の方全員が、「ひとりの女性」から「母」「妻」になりたいと語っていたのは示唆的。まぁ、正しい方法での社会調査ではないので、一般化はできないけど。グッさんとしては、このような考えに共感できる?

グッさん:大いにうなずけます。最近、同い年の幼馴染が結婚して、母になったんですけど、彼女に憧れてる自分がいるんですよね。

ペー:調査に協力してくれた方々やグッさんが、「母」「妻」に憧れを抱く要因は、なんだと思いますか?

ASUKA:生物的な要素が一番大きいと思う。人間といえど、結局は動物。女性といえど、言ってしまえばメス。強い異性と一緒になって身を守りたいという習性・自分の種を後世に残したいという意識は、本能レベルで根付いているはず。

グッさん:私は社会的な要因が大きいと考えています。結婚や出産を経験した人を見ると「幸せそう」「大人っぽい」って感じるんですけど、「結婚=幸せ」「出産=大人っぽい」というのは、社会的に構築された印象にすぎません。別に結婚したから幸せになれるとは限らないし、出産が大人になることを意味するのかといえば、そうではないですからね。

 

まとめ

ペー:この調査全体について、最後にコメントはありますか?

ASUKA:あらためて結婚・出産・子育ての価値みたいなものを社会全体で考えたほうがいいのかな。人によって幸せの基準は違うけど、「やれ結婚しろ」「やれ子供を産め」といった社会的な圧力が、まだまだ日本は強い。でも、社会の空気に呑まれて「妻」「母」になった先にあるものが、「ひとりの女性」への強い希求であれば、それってちょっぴり虚しい気がする。まぁ、男の僕が何かを言ったところで説得力は希薄なのだが。

グッさん:女性ってひとりで色んな役割を持つんだなって、あらためて感じましたね。男性も「会社員」「夫」「父」みたいに、複数の役割を担っているけど、それぞれの境目はゆるやかで、両立が可能なように思える。だけれど、女性はそれぞれの役割の溝が深くて、「母」と「ひとりの女性」を両立していくのは難しい。そこがやっぱり、疲れていく要因なのかなと。

ぺー:ゲストのグッさん、お越しいただきありがとうございました!

 

こんばんは。今日は「ほんとに冬?」と思っちゃうくらいあったかかったですね。

朝着ていったコートは、昼にはお荷物になっちゃいました。

 

野菜はたくさん食べなきゃって思うけど、なかなか量を食べることって難しいですよね。

 

どこかに簡単に野菜を食べられる料理ないかな?

 

あります。それはお好み焼きです。

 

大阪出身の私にとって「お好み焼き」はたまに無性に食べたくなるもの。

お正月のおせちに飽きたころに食べたくなるのも「お好み焼き」です。

 

ではさっそく作り方といっちゃおうか!

 

<材料(二枚分)>

・豚バラ:一枚につき一枚

・キャベツ:1/4個

・小ネギ:1袋

・卵:1個

長芋:お水の代わりに。なければお水でも大丈夫。

・お好み焼き粉:50g

 (お好み焼き粉の裏の作り方には100gって書いてあるんだけど、うちでは半分にしています。キャベツいっぱいなのだ!)

・サクラエビ(あるとよい)

・おもち(好きなだけ)

・天かす(もしあれば)

 

<作り方>

(下ごしらえ)

・ボールに卵を割り、溶きほぐす。

・長芋をおろし器で削る。

・キャベツ、小ネギをみじん切りにする。

・粉の量を計る。

・おもちを斜めにスライスする。

 

(調理)

①卵の入ったボールに長芋を入れ、粉を入れて混ぜる。(少し玉が残っていても大丈夫)

②キャベツ、小ネギ、サクラエビを加え混ぜる。

③フライパンに油をひき、豚バラをまずプライパンインしよう。

 ②までに作ったものを豚バラの上に乗せて、おもちを乗せる。

④ひっくり返しても崩れないくらい焼いたら、フライ返しでひっくり返そう。

 (二つ使うと失敗しないよー)

f:id:chierinko:20170130230502j:image

はい!完成!

おたふくのお好み焼きソース、マヨネーズを塗って、青のりと鰹節と紅ショウガを乗せて完了!

写真はトッピングする前のものです。

 

私「ねぇねぇ、お母さん。私がお好み焼き作るとなぜか崩れるんだけど。粉半分でいいんだよね?」

母「卵はちゃんと入れてる?粉は減らしてもいいけど卵の量は規定の量入れないと固まらないよ。卵が生地をまとめるんだからね」

 

卵の量、そのままにしてました...

いつも崩れちゃうのはそのせいだったのか!!

 

お菓子作りほどきっちりしなくても大丈夫だけど、食材には重要な役割もあるのでそこは気をつけようね。